Darwin Room - BLOG 好奇心の森「ダーウィンルーム」公式日記

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの 標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークな1階がショップ、2階がラボです。

タグ:原発

今日は東日本大震災から満2年目ですね。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
被害を受けられた多くの方々にお見舞い申し上げます。
 
あの日、私は世田谷の自宅である8階建てマンションの3階で、風呂上がりで丸裸でした。
前日から徹夜仕事をして昼過ぎに起きたからです。
脱衣所でカラダを拭いているところを震度5強に襲われ、おおお~っと壁に手を当て立っているのが精一杯でした。
もう治まるもう治まると思っても思っても揺れが止まらず、これはえらいことだ~!
Darwin Roomのある代沢のビルは古いので、これは、、、どうなっているだろう?
働いてるスタッフは逃げられたかな?
ああ~止まってくれ~!
、、、、、、、、、、。
 
やっと静まったところでテレビを観れば、東北を中心にした巨大地震だとわかった。
おっ!仙台の友人は大丈夫か!
すぐ「大丈夫か?」メールすると、「大丈夫!」と返って来て一安心した。
揺れてからまだ10分も経っていなかった。
友人は医者だ、メールは繋がった。
店に電話したら、被害はわずかでみんな大丈夫という、これでホッとした。
そこまで裸だったがやっと下着をつけた。
そしてテレビに釘付けになった。
まるでパニックもののハリウッド映画を観ているようだった。
ウォ~これは~ああ~!
携帯に飛びついて「津波が来ている!大きい!大きい!逃げろ~!逃げろ~!」と仙台に打った。
しばらくして「俺は栗原に来ているから大丈夫」と返って来たが、栗原市が山の方の町と知らない私は
とにかく逃げろ!と言うばっかりだった。
あっTHE STUDY ROOM 仙台店のスタッフや家族は大丈夫か、、、。
 
我に返り、店に行こう、マンションの1階の駐輪場で、また大きいのがグラグラグラ~!と襲って来た!
まずい!こりゃつぶれる~!と思い、走って建物から離れた。
ひとが建物から一定の距離で避難して集まって来た。
電柱がぐ~らぐ~ら揺れていた。
電線は縄跳び状態。
ぼ~ぜんだった。
 
それから、下北沢の暗い生活が始まった。
原発事故、、、。 
Darwin Roomの営業は止めないことにした。
営業してお金を支援の役に立てようと考えた。
そしてDarwin Roomが明るく営業していることで、少しでも皆さんの癒しにつながればと考えた。(TS)

iPhone中国・北京の大気汚染はひどいですね!
あの遠くの景色が見えない、微細な塵が霧のように景色を閉ざしている様は、息が詰まります。
私は三重県・四日市の生まれで、小学生の頃に有名な大気汚染の四日市公害を経験しているのですが、北京の景色はそれどころではないでしょう。
しかし、北京の景色は見えるからその恐怖は感じられますが、目に見えないから実感しづらい放射能汚染にまみれた日本のことはどうなのかと考えてしまいます。
どうも、私たちは目に見えないものには深く考えないというところがあります。
例えばスマートフォンはどうでしょうか?
私はiPhoneがないと暮らせないほど依存した生活をしています。実に便利で、最近は肉声の電話をすることがめっきり減ってしまいました。考えたことを記録しておくのも、調べごとをするのも、仕事の連絡をするのも、お金の振込も、目覚ましも、電車の乗り換えを調べるのも、訪問先の道順を調べるのも、自分が今どこにいるのかを知るのも、遠く離れて散らばった級友との愚痴談義までも何もかもiPhone1台で出来てしまいます。
果たしてこの便利なインターネット環境に浸かった生活の行く末はどのようなことになるのでしょうか?
近くの妻や子供への伝達もメッセージ・チャットを使ってしまいます。
家族の在り方まで変って行くと思います。
それだけにとどまらないでしょう。学校の学び方、経済活動や都市と地方の在り方、世界との繋がり方まですべて根本的な構造が変化して行くと思われます。 
この目に見えない生活の変化は、環境汚染のような公害と同じように、私たちの精神に影響を与えるのではないでしょうか?まだ始まったばかりの新しい暮らし方のことですが、10年後を予測する仮説を立て、課題対策も必要となって来てると思います。

BlogPaint
 原発ゼロ路線から推進へ!
 アルジェリアから人質事件犠牲者の帰国ニュースの陰で、こっそりと安倍首相が民主党政権のエネルギー・環境政策をゼロベースで見直すように指示しました。「2030年代に原発ゼロ」路線からの転換を明確にするものです。
 それも、1月25日の朝日新聞の場合、夕刊の2面の下の片隅で、ひっそりと報道されたに過ぎません。1面トップ記事ではないのです??
 しかも福島から待避させられた、明日が見えない数万人の避難民が苦しみ続ける中で、子供たちの甲状腺の調査もまったく進んでいない状況で、また日本が地震の活動期にあり、全国の原発の活断層調査も進めず、いまだ
風前の灯である福島第一原発4号炉燃料棒貯蔵プールに近づけない事態のままなのにです。
 恐ろしい政治が行われています。
 私は原発をただちに廃止すべきという考えです。私たちは新しいエネルギーを開発する能力を十分に持っているし、電力を得るタービンを廻すためのボイラーのお湯を沸かすためだけに、危険極まりない原子力エネルギーを使用する必要なんてまったくないと思います。
 国民の生命と引き換えに、危険な湯沸かし器を推進して行くことを、安倍首相と自民党はやすやすと決めました。マスコミも一緒になって国民に目立たないようにこっそりと報道しています。
 もし、マグニチュード6.0以上の余震で福島第一原発4号炉が崩れたら、東京を含む関東全域から避難しなければならなくなると言われ、30年以内に関東に大地震が起こる可能性は70%以上と予測されています。
 本当にしかたがないのでしょうか?
 これは先の衆院総選挙で国民が選んだ道ですからね、、、、。
 自然の脅威である大地震によって、私たちの生活が根底から崩壊してから後悔してもダメだと考えますけれども、もう方向を変えることはかなわないことなのでしょうか? 
 後の祭りにならないように祈るばかりです。(TS)

このページのトップヘ