Darwin Room - BLOG 好奇心の森「ダーウィンルーム」公式日記

好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」は、教養の再生(LIBERAL ARTS LAB)を理念に、選りすぐりの古書と動物剥製などの 標本や、研究生活に便利な道具の販売と、専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークな1階がショップ、2階がラボです。

Darwin Room 通信 ▶なぜフィールド生物学なのか?


野生ウシ(バンテン】私たちのダーウィンルームでは、毎月1回催しているフィールド生物学入門シリーズの講座が、この3月25日 松林尚志さんの「ボルネオでシカ、サル、ウシに迫る!」で5回目を迎えます。

なぜフィールド生物学なのか?

私たち人間(ホモ・サピエンス=ヒトという哺乳類)は、さまざまな課題に直面していると思います。例えば少子高齢化社会をどう乗り切るのか?民族の対立など人間同士の争いをどう解決するのか?教育、医療、貧困の格差という階層社会はなぜ作られようとしているのか?生き甲斐の持てる充実した暮らしをどのようにすればできるのか?いじめや虐待を無くせるのか?原子力を使い続ける理由は何か?マスメディアはどうして真実を伝えないのか?自然環境異変にどう対応するのか?、、、などなど、切りのない深刻な問題をたくさん抱えています。

そのような課題を考える時に、はたして人間(ホモ・サピエンス)だけの経験や知識や思いだけで大丈夫だろうか、勝手に思い込んでいるのではないだろうか、、、という理由から、同じ地球で同じ生命から誕生し枝分かれして行った他の生物の生活ぶりを知り参照することは、とても大事なことであり、その生物の生活を現場で観察し続けている研究者の生の話しを聞き、討議することが、私たち人間だけで思い込みに陥っているかもしれない考えの軌道修正をはかる唯一の方法ではないかと考えるわけです。

というふうに、「なぜフィールド生物学なのか?」をむつかしく言うとそういうことなのですが、実を言えばこんなにおもしろい実話を映像を見ながら聞けるのは、ものすごく楽しいということなのです。(TS)

 久しぶりに書きます。

 湯川さんと後藤さんのご冥福をお祈り申し上げます。
 残念ながら日本のリーダーの想像力は実に貧しく、少なくとも過去の言動の2点を線で結べば、その延長線がどこに向かっているのか、私たちにも簡単に想像することができます。

 そこで、今回の過激派組織による人質殺人事件で、考えたことを書きます。

 私たちが生きているということがいかに幸運なことかということです。

 生命の起源である細菌(バクテリア)以来、あなたも私も祖先が一度たりとも絶やさず繁殖してきてくれたから、今この時に生きているのです。 
50世代分の祖先の数をご存知ですか?
2を50回掛けるとどうなるか。実に1000兆! です。
私たちの祖先の数は50世代なんてわずかな数じゃありません。私の両親が2人、その両親が4人、その両親が8人、その両親が16人という具合に50回すると1000兆になるわけですから、実際の祖先の数はもっと多い指数級数的な増殖というものです。
 その中の1人の親が欠けただけで、あなたも私も存在していないのです。

 このような幸運な生命を大事にしないといけませんね。 
 この話しはすべて、英国の進化生物学者のリチャード・ドーキンス Richard Dawkins 博士が特別講義(注1)の中で言われたことです。

  宇宙はその誕生から約140億年たっている。つまり、1億4000万世紀です。そして今から6000万世紀たつと、太陽は赤色巨星になって、地球を飲み込んでしまう。
 宇宙が誕生してから1億4000万世紀のあいだ、初めから1世紀づつすべての世紀が、過去に「現世紀」であったことがあるのです。そしてこれから太陽系の終焉まで6000万世紀のあいだ、1世紀づつすべての世紀が「現世紀」となる。「現世紀=100年」というのは、膨大な時間の流れの中の小さな1つのスポットライトに過ぎない。その一瞬のスポットライトの前はすべてが死滅した暗闇であり、そのスポットライトの後はすべてが未知の暗闇です。私たちはこのスポットライトの中で生きている。
 膨大な2億年の時間の流れの中で、たった一つの世紀だけに光が当たっていて、その小さなスポットに、たまたま、まったくの偶然で私たちが生きている。 

 このような事実の前で私たちは、ここに生きているのは驚くほどラッキーなことですね。
 ほかの惑星に生命が存在するのか?という問いにはまだ答えはありません。
いまのところ推測できることは、宇宙のほとんどが不毛の地であり、その世界のほとんどには、いかなる生命体も、その可能性すらまったく存在しないのです。

 まもなく破壊されてしまう地球を脱出し、人類の存続を賭けてどこか別の惑星に植民しようとする地球最後の人たちが、宇宙船いっぱいの、おそらく冷凍されて眠っている。
その宇宙船の中で1億年眠った後に、この宇宙船がついた先が、本当にたまたま私たちのような生命を維持できる、極めてまれな惑星で、気温もよく、酸素もあり、美しい滝が流れ落ち、緑がしげり、山々がそびえ、いろいろな色の動物や鳥などが飛びまわっているのを目撃する。
 1億年眠った後にそんな世界で目を覚ましたら、どんな気持ちがするか想像できますか?
まったく新しい世界、あなたが生き延びることのできる美しい世界。当然ながら、そんなまれな世界に到着できた自分の幸運を喜び、あらゆるものを放心したように見てまわり、目と耳に入ってくる驚きの光景を信じられないことでしょう。

 こんなことは、ほぼ間違いなく私たちには起こらないのですが、見方を変えると、まさにこれと同じことが起こっているとも言えます。
 私たちは何百万年もの長い眠りから目を覚ました。
もちろん宇宙船に乗ってやってきたのではなく、誕生することでこの世に到着したのですが、宇宙船で来ようが、お母さんの産道を通って来ようが、この惑星の素晴らしさ、目もくらむような驚きにはなんら変わりはない。
 私たちがここにこうして存在しているのは、驚くほどの幸運であり、特別の権利でもあるので、けしてこの生命を無駄にはしてはならないのです。

 残念ながら、日本のリーダーはもちろん、他の多くのリーダーたちも、このような想像力は持ち得ていません。もし持っていれば、きっと平和で楽しい暮らしを、大事な生命に与えようと、手をとり協力するように頑張るはずです。 この生命の感動を、平和を希求するはずです。
 なにとぞ、リーダーたちはご自分でよく考えて、想像してほしいと願います。

 亡くなられた後藤さんのことはあまりよく知りません。
 でも流される後藤さんの行ってきたこと、困難に遭遇している子供達に光を与えようと頑張ってこられた姿を見ていると、きっとその子供達の生命の幸運を、大事にしなくてはいけないという想像力の持ち主だったことは間違いありません。

 後藤さんのようなひとを失ったことは、世界にとって、日本にとって、とても残念なことでした。
 ご冥福をお祈り申し上げます。 

 好奇心の森 DARWIN ROOM
 代表:清水 隆夫



(注1)「進化とは何か〜ドーキンス博士の特別講義〜」リチャード・ドーキンス著 吉成真由美訳 2014年12月25日 初版発行 早川書房

DRのスタッフから、昨日のブログ「3.11の記憶」の表現が軽くて、不幸にみまわれた方々に失礼だし、DRの方向性に誤解を受けると注文がありました。
失礼と感じられた方があれば、私の本意ではなく申し訳ありません。
私としては清心な言葉より、ありのままの私個人の記憶を書きました。
これが私の3.11です。
ありのままの記憶をお伝えするのがこれからの第一歩だと考えたからです。
なぜなら、昨日の多くのテレビ番組では、わずか2年で私たちの記憶が風化したとさかんに「風化」という言葉が使われていました。
これはおかしいとらえ方だと私は思います。
私は風化ではなく、2年であの忌まわしい記憶の、言わば病の状態から健康な状態に回復して来たのだと思います。
みんなの心の回復をまるで悪いことのように「風化」と定義することは間違いだと思います。
それよりも私たちは心を回復し、良い意味でいずれ忘れてしまうかもしれないという、自分たちが変わるということを、冷静に認識した上で、次の世代に同じ被害がもたらされないようにする仕組みを考案すべきです。
仕組みとは考え方も含めてです。
風化ととらえるのは、自分たちが変わらないはずという天動説みたいなものですから、私は自分たちは変わるということを折り込んだ地動説で考え直すべきだと思います。
変なことを言うようですが想像してみてください。
自分たちは変わってしまうという地動説で考えなければ100年後1000年後まで、悲しみに暮れたその思いだけで、後世に伝えられるはずが無いと思うからです。
体験当事者でないからの考えかもしれません。でも学ぼうと思います。(TS)

今日は東日本大震災から満2年目ですね。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
被害を受けられた多くの方々にお見舞い申し上げます。
 
あの日、私は世田谷の自宅である8階建てマンションの3階で、風呂上がりで丸裸でした。
前日から徹夜仕事をして昼過ぎに起きたからです。
脱衣所でカラダを拭いているところを震度5強に襲われ、おおお~っと壁に手を当て立っているのが精一杯でした。
もう治まるもう治まると思っても思っても揺れが止まらず、これはえらいことだ~!
Darwin Roomのある代沢のビルは古いので、これは、、、どうなっているだろう?
働いてるスタッフは逃げられたかな?
ああ~止まってくれ~!
、、、、、、、、、、。
 
やっと静まったところでテレビを観れば、東北を中心にした巨大地震だとわかった。
おっ!仙台の友人は大丈夫か!
すぐ「大丈夫か?」メールすると、「大丈夫!」と返って来て一安心した。
揺れてからまだ10分も経っていなかった。
友人は医者だ、メールは繋がった。
店に電話したら、被害はわずかでみんな大丈夫という、これでホッとした。
そこまで裸だったがやっと下着をつけた。
そしてテレビに釘付けになった。
まるでパニックもののハリウッド映画を観ているようだった。
ウォ~これは~ああ~!
携帯に飛びついて「津波が来ている!大きい!大きい!逃げろ~!逃げろ~!」と仙台に打った。
しばらくして「俺は栗原に来ているから大丈夫」と返って来たが、栗原市が山の方の町と知らない私は
とにかく逃げろ!と言うばっかりだった。
あっTHE STUDY ROOM 仙台店のスタッフや家族は大丈夫か、、、。
 
我に返り、店に行こう、マンションの1階の駐輪場で、また大きいのがグラグラグラ~!と襲って来た!
まずい!こりゃつぶれる~!と思い、走って建物から離れた。
ひとが建物から一定の距離で避難して集まって来た。
電柱がぐ~らぐ~ら揺れていた。
電線は縄跳び状態。
ぼ~ぜんだった。
 
それから、下北沢の暗い生活が始まった。
原発事故、、、。 
Darwin Roomの営業は止めないことにした。
営業してお金を支援の役に立てようと考えた。
そしてDarwin Roomが明るく営業していることで、少しでも皆さんの癒しにつながればと考えた。(TS)

少し感動したことを書きます。
「ハンドサイン(HAND SIGN)」という2005年に結成されたパフォーマンス・グループがあります。
な、なんとダンスに手話を取り入れてオリジナルの手話ダンスのパフォーマンスをしているんですよ!
それは、耳の聞こえない人には目で見て分かるメッセージを発信し、誰もが楽しめる音楽、ダンスの楽しさを伝えたいのだそうです。
彼らが2009年大きく飛躍する、ニューヨークのアポロシアター(マイケル・ジャクソンらも潜った音楽の登竜門)アマチュアナイトTop Dogに挑戦をしました。そしてそれに初出場で優勝をしてしまう離れ技をやってしまったのです。その後継続的に入賞し、アポロシアター・アマチュアナイト公認パフォーマーとされているそうです。
日本でもアポロシアターでの実績を、テレビが取上げ、放送されるなど活躍している。
また、小中学校ろう学校などを回り子供たちとダンスと手話を通じて笑顔になろう!と活動を続けている。
手話を取り入れたパフォーマンスは、ろう者のコーディネーターと一緒に制作をして、正確なものにしている。

HAND SIGNまったく無名の5名の若者が始めたパーフォーマンスが、ひょっとすると、ろうあ者と健常者を結ぶ大きなきっかけを、創るかもしれないと私は感動しました。
自分たちのパフォーマンスのアイデンティティーに手話を取り入れた彼らのコンセプトは、珍しくないような気がするのですが、過去そのようなものは全くなく、独創のパーフォーマンスなんですね。

どうしてなのでしょうか?

私たちの活動も、以前行っていたTHE STUDY ROOMの基本理念が「知ること、学ぶこと」ですし、今のDarwin Roomが「教養の再生」です。
どこかハンド・サインと通底していると思います。
おそらく、まじめなのです。何か世の中に貢献したいというまじめさが共通していると思います。

このようなまじめな理念というのは、あんがい珍しいのです。
珍しいから目立つし、まじめだから嫌われないし、表現が楽しければ応援して頂ける。

私たちDarwin Roomは、もっともっとまじめな理念が登場する時代に期待したいと思います。

アフリカ北部の国境線 先日アリジェリアで、多国籍のテロリストによる多国籍石油プラント施設が襲撃される人質事件が発生し、いろいろなの国の従業員から犠牲者が出ました。その中で日本人犠牲者数が一番多くでました。
 そもそも私たち日本人には馴染みの低い地域であり、なぜそのようなことが起きたのか、背景はどうなっているのか、アルジェリアの周りの国々との関係はどうなっているのか?わからないことばかりです。しかし現時点では、広がる多国籍テロの脅威については、私たちは今後の報道で、新しい知識を得るしかないでしょう。
 そこで、このアフリカ北部の国境線のことはご存知ですか?
 地図上でご覧になれば国境線がまっすぐで、まるで定規で仕切ったような形になっていることをご存知だと思います。
 それがどうしてだかご存知ですか?
 それは、アフリカの国境線は1884年のベルリン会議で決まったもので、当時、ドイツのビスマルク宰相が周辺諸国に働きかけ、アフリカにおける植民地分割を決定しました。欧州の支配国はこの会議で、アフリカで暮らしていた部族やその文化をまったく考慮せず、経線・緯線に沿って国を分け合ったため、今日の地図に見られるような直線的な国境線となったわけです。
P1160476_3 その結果、どのような問題があるでしょうか?
 それは、昔から農民が市場に通ったり、遊牧民が牧草地を求めて季節ごとに移動したりします。それなのに、同じ言葉が話されてきた地域を分断して国境線が引かれたため、植民地から独立しても、同じ言語や文化を持つ人々が複数の国に分割され、異なった民族が同じ国に属するようになってしまいました。
 まずこのように、いろいろな問題を抱えたままの地域であるということを知ることが、今回の事件の背景が、どのようなことなのかと、私たちが理解していけるスタートラインだと思います。

 余談ですが、Darwin Roomでは、アフリカ各地の民族が作った仮面や生活道具、人形などの民芸品を揃えています。それが、お客様から「この商品はどこの国の物ですか?」と尋ねられた時に困るのです。困る理由は、上述のように国のくくり方では説明できないことが多いのですね。だからほとんどが、これはドゴン族の作った物ですとか、民族のくくりでしかお答えできないのです。 


9夕刊 後世に伝えるべき貴重な文化財として、マタギが使っていた狩猟用具が国の重要有形民俗文化財に指定されたという記事が、2013年2月9日朝日新聞(夕刊)に有りました。(写真・イラストは同紙より)
 そこで、マタギってどんな人か?
秋田県北部の山間の集落に住み、イラストの狩猟用具を使って、クマやカモシカなど野生の鳥獣を獲物として捕らえる生活をした人々のことだそうです。
マタギ発祥の地とされるのは、秋田県北秋田市の森吉山(もりよしざん:標高1,454m)のふもとに広がる阿仁(あに)地区だそうです。
マタギという言葉の意味は、山に入り、マダ(シナノキ)の樹皮をはぐ「マダハギ」と呼ばれる人々の呼び名が変化したそうです。また、山々を「またいで」狩猟をしていたことから名が付いたとする言い伝えもあるそうです。
マタギの狩猟方法は、5~30人単位で一緒に行動する集団猟が基本で、山の生態を知り尽くすリーダー役が指示を出し、クマの場合、見張り役、狙撃役、獲物を追いかける役の分担で行ったそうです。
今回文化財として国が指定するのは、阿仁マタギが実際に使っていた狩猟用具の数々で、行商の時にも使う用具も含む293点です。指定後、地元の北秋田市が管理し、「もの」の保存だけではなく、マタギの儀式や言葉、ふるまいや暮らしぶりを伝えて行きたいと言う。
 山に生き、野生動物と向き合ってきたマタギ文化の歴史的な価値を、狩猟用具や記憶が散らばり、失われてしまうのを防ぐだけではなく、荒れていっている地方の山々を見つめ直す機会になれば良いですね。

iPhone中国・北京の大気汚染はひどいですね!
あの遠くの景色が見えない、微細な塵が霧のように景色を閉ざしている様は、息が詰まります。
私は三重県・四日市の生まれで、小学生の頃に有名な大気汚染の四日市公害を経験しているのですが、北京の景色はそれどころではないでしょう。
しかし、北京の景色は見えるからその恐怖は感じられますが、目に見えないから実感しづらい放射能汚染にまみれた日本のことはどうなのかと考えてしまいます。
どうも、私たちは目に見えないものには深く考えないというところがあります。
例えばスマートフォンはどうでしょうか?
私はiPhoneがないと暮らせないほど依存した生活をしています。実に便利で、最近は肉声の電話をすることがめっきり減ってしまいました。考えたことを記録しておくのも、調べごとをするのも、仕事の連絡をするのも、お金の振込も、目覚ましも、電車の乗り換えを調べるのも、訪問先の道順を調べるのも、自分が今どこにいるのかを知るのも、遠く離れて散らばった級友との愚痴談義までも何もかもiPhone1台で出来てしまいます。
果たしてこの便利なインターネット環境に浸かった生活の行く末はどのようなことになるのでしょうか?
近くの妻や子供への伝達もメッセージ・チャットを使ってしまいます。
家族の在り方まで変って行くと思います。
それだけにとどまらないでしょう。学校の学び方、経済活動や都市と地方の在り方、世界との繋がり方まですべて根本的な構造が変化して行くと思われます。 
この目に見えない生活の変化は、環境汚染のような公害と同じように、私たちの精神に影響を与えるのではないでしょうか?まだ始まったばかりの新しい暮らし方のことですが、10年後を予測する仮説を立て、課題対策も必要となって来てると思います。

30今日の朝日新聞の朝刊一面です。

コンクリートから人へ!
3年前にワクワクして、これからの日本に期待しました。

人からコンクリートへ!
今日はいつか来た道をトボトボ帰る気分です。

私はアメリカの学者の故バックミンスター・フラーの書いた「宇宙船地球号」に二十歳前に影響を受けました。エコロジーの概念の基となった考え方です。「沈黙の春」を著したレイチェル・カーソンやApple創業のスティーブ・ジョブズ 氏も影響を受けた一人です。
 石器からどんどん進化して、ジョブズ 氏の描いた夢、iPhoneなどの繋がる道具によって、今は全世界が一つに繋がっています。
一国の愛国心を叫ぶより、地球号の乗組員としての自覚を共有していけないものかと思います。

宇宙船地球号操縦マニュアル※ バックミンスター・フラー著「宇宙船地球号」は、現在「宇宙船地球号操縦マニュアル」になっています。

 いつも Darwin Room カフェをご利用頂き誠にありがとうございます。
 そこで、DRのおいしいコーヒーのことを少し書きたいと思います。
衝撃的なこのコーヒーの味は、濃厚なチョコレート系。ほんのりスパイシーで、後味にさわやかな甘さと強い印象を残します。
ホットコーヒー DRのコーヒー豆はパプアニューギニアで生産されています。オーストラリアの少し北にある世界でも残り少ない秘境といわれるところです。そこのシンブー州・チュアベのコンゴー社がつくった「エリンバリ」という豆で、生産全体の中のプレミアムコーヒー
15%中の徹底的に品質に重きを置いた最上級5%が「エリンバリ」です。
 この豆を直接輸入・焙煎してDarwin Roomに卸している銀座のカフェーパウリスタの話しによりますと、実はコンゴー社のコーヒーは、他と比べてあらゆる意味で「強い」のです。理由はその丈夫さゆえ、農薬も肥料も必要なく、放っておけば勝手に育つ在来種を採用しているからです。人に都合のいいように 、生産性と病虫害耐性を高めるべく人工的に造られた改良品種は、少しの変化にも大変弱いので、それなりに世話がかかるのですが、ここパプアニューギニアでは、貧しいがためにさまざまな作物を育てている忙しい彼らは、コーヒーひとつに構っておられず、プレミアムコーヒーの中の最上級の「エリンバリ」ともなると、収穫にも収穫後の工程にも大変な手間ひまが要するため、生育時期だけでも手間を省きたいからです。その結果、強い豆が生育するのだそうです。
豆の収穫 私たちのような言わば先進国の速い時間の流れに対し、 パプアニューギニアでは「特別なことは何もない」そして「なくていい」というおおらかな時間の流れが存在していて、「エリンバリ」のような人気のあるコーヒーが生まれても、じゃあこれを世界に対してどうしようとか、もっと生産量を増やそうとか、目を吊り上げる野心のようなものがまるでないのだそうです。
 このような
パプアニューギニアの環境・文化から育まれたDarwin Roomのおいしいコーヒーを、カフェで読書と共にいかがでしょうか?(TS)
***
 ホットコーヒー¥390
 手作りのバナナケーキ¥190やくるみクッキー¥190とのセットですと¥50お得です。
 是非これからもご愛飲ください。
 DRホームページ http://www.darwinroom.com/ の「コーヒー物語」に詳しくご案内しています。
 http://darwinroom.muse.weblife.me/list/cafestory.html

このページのトップヘ